探偵を仕事にする! どうやってなるの? 仕事内容は? 求人は? 全てお答えします。

>

探偵業務の日常とは?

幅広い探偵の代表的業務

探偵の業務は多岐にわたります。
ここでは代表的な業務についてご紹介します。

浮気調査
増加する離婚の主な原因の一つが浮気です。そして探偵の業務の中でも主な調査なのが浮気調査です。
配偶者や交際相手の不貞行為の有無を調べ、証拠を確保します。そして浮気相手の詳細な情報を調査し報告します。

信用調査
浮気調査が個人の依頼だったに対して、信用調査は企業からの依頼の最も多い依頼です。
取引相手のクレジットの利用履歴、金融問題の有無や不動産などの資産調査を行います。

身元調査
昔は結婚相手の経歴や家族構成などを調べる事が多かったようですが、最近ではストーカーや不審者の経歴や住所などを調べて対策する業務も増加しています。

以上が主な探偵業務ですが、そのほかにも盗聴器の捜索と対策、いじめの有無の調査など時代の変化に伴って探偵業務の幅も広がり続けています。

尾行、調査だけでは無い探偵の日常

探偵の日常と聞いてどの様な事を想像しますか?
一日中、調査対象を尾行する? 証拠写真を撮ったら業務終了?

実際の探偵の日常
浮気調査である場合、調査対象者について依頼人について詳しく聞き込みを行う事が肝心です。
対象のスケジュール、基本的な行動などを知らないと尾行や調査の計画が成り立ちません。

実際に対象者を尾行調査するのは、浮気の証拠を押さえられる時間が中心です、何故なら探偵業は活動時間で料金が発生する為、依頼者は時間を指定する事が多いからです。
そのため対象者の行動に左右され昼夜を問わない活動が求められるのが探偵業の基本です。

ついに証拠を押さえました!これで仕事は終了…ではありません。実は探偵業で一番重要なのが書類作成です。
探偵にとってみれば調査や尾行も報告書を作成するための過程ですから、目的である報告書作成は疎かにできません。
探偵業の業務の半分以上は書類作成に費やされます。


Share